先輩たちが描くBENIYA STORY

勤務地/本部:入社2003年/ドラッグストア事業部日配・生鮮食品バイヤー:今井 文和

 

失敗を恐れずチャレンジする!人たちを応援し、受け止めてくれる企業姿勢が魅力です。

私は学生時代、教育学部で学んだので教師を志した時期があり、途中で方向転換して紅屋商事に入社しました。そのためここで働きたい、という強い動機があって入社したわけではありません。でも実際に働きはじめたら、自分の意見を率直に発言できるし、私だけでなく従業員一人一人がそれぞれの長所を発揮しながら働いているので、とても魅力的な職場だと思うようになりました。

現在の仕事は、ドラッグストア事業部の日配・生鮮食品バイヤーです。メーカーや問屋と商談して売り場に並べる商品を選定して購入したり、棚割を作成したり、広告で売り出す商品企画や売価を決めたりしています。また全国各地の展示会に赴き、新規の取引先を開拓する仕事もしています。

入社以来、ずっと一般食品部だったので、今の仕事に変わった時は戸惑いましたが、今までドラッグストア事業部があまり力を入れてこなかった日配・生鮮食品部門を強化しようという会社の意図があってのことなので、大きなやりがいを感じています。とはいってもバイヤーは、売り上げや利益に直結する仕事なのでプレッシャーもありますが、その分、業績が伸びると励みになるし、自分が決めて売り出した商品が驚異的に売れたりすると、とても嬉しいですね。また、現場のパートさんたちが気軽にアイデアを出しながらのびのびと仕事ができるよう、積極的にコミュニケーションをとっています。パートさんたち主婦層の意見はとても重要ですから。

 

紅屋商事は失敗を恐れないで新しいことにチャレンジする会社です。上司が話を聞いてくれるので、自分の意見やアイデアも発言しやすい環境です。また福利厚生も今年から新たに長期休暇制度が始まるなど、毎年のように向上していると思います。自分自身を高めながら、チャレンジ精神を持って働きたいという人は、ぜひ紅屋商事で一緒にさまざまなことに挑戦し、成長していきましょう。