PERSONS スーパーマーケット事業部 青果部門 太田 真帆(弘前大学 卒)

産直バイヤーとして、
地域の農業を盛り上げる。

大きな夢の実現を目指し、
一歩ずつ前進!

太田 真帆
スーパーマーケット事業部
青果部門
2020年入社
太田 真帆(弘前大学 卒)

祖父母が農家だった影響で、幼い頃から農業に興味がありました。
大学時代のゼミ活動を通じて、高齢化や後継者不足といった、農家さんが抱える課題を解決したいと考えるように。

市役所への就職を目指していましたが、民間企業を研究するために参加した合同説明会で、偶然、紅屋商事のブースに立ち寄りました。
「カブセンター」や「ベニーマート」の青果部門は産直コーナーに力を入れていて、農家さんから直接商品を買い付けていると聞き、ワクワクしたのをよく覚えています。

「仕事に誇りを持っている」と語る先輩の熱意にも感動。
「この会社で、地域の農業を盛り上げられるような挑戦がしたい!」と考え、入社を決めました。

希望した配属先は、もちろん青果部門。
研修期間中は、「仕事には慣れた?」など、優しい言葉をかけてくださるお客様が多く、お客様との交流を大切にしながら、基本的な仕事の流れを覚えることができました。

太田 真帆

現在は、チーフとサブチーフの指導を受けながら、主に品出しを担当しています。
商品を魅力的に見せる陳列のコツなどを、ベテランのパートさんから教わる機会も多いです。

最近では、みかんの品種ごとに甘みを比較したPOPを作成。
「どのみかんが一番甘いの?」とお客様に質問され、おすすめの品種を紹介できたときには、商品知識が身に付いていることを実感し、嬉しくなりました。
農家さんの中には、ご自身で店舗への納品を行う方もいらっしゃいます。
「今日はこの野菜がたくさん採れたんだよ」など、農家さんと言葉を交わす時間は、私の楽しみのひとつです。

このように現場でマネジメントを学ぶこともありますが、弊社では社員教育も充実しています。中でも1年目研修の「Fresher'sCamp」はとても印象的でした。

OJTで学ぶ技術・専門教育とは全く別の、「人間力」を高めるような内容になっていて、私自身人前で話したり、チームを引っ張っていくことに苦手意識がありました。このFresher'sCampを通して、多くの「気づき」があり、人としても大きく成長できたと思います。https://recruit.beny.co.jp/education.html

将来の夢は産直バイヤー。
農家さんに信頼され、「太田さんに売ってもらいたい」と言っていただける存在を目指しています。

大きな目標を実現するため、今の私にできるのは、日々の業務に全力で取り組むこと。
一歩一歩、着実に成長し、理想の自分に近付いていきたいですね。

太田 真帆

1日のスケジュール

08:00
出社。開店に向けて品出し。売場を埋めていく
09:30
午前中のピークに向けて品出し。売場の手直しや鮮度チェックも行う
12:00
1時間半のお昼休憩
13:30
夕方のピークに向けて品出し
15:30
チーフやサブチーフの指示を受け、売場を変更
17:00
返品伝票作成などの事務作業を行う
18:00
売場の手直し、商品のピッキングなどを行う
18:30
その日の売上をチェックし、退社
GROW 誰にも負けない輝きを
BENIYA SHOJI RECRUITING